便秘も宿便これでさよなら!オススメの解消法 “宿便”とよく聞きますが便秘とはどのように違うのでしょうか?便秘も宿便もできれば解消させたいものです。便秘と宿便の違いや、解消方法に迫ります
  • 便秘も宿便これでさよなら!オススメの解消法

    便秘と宿便の違い

    宿便とは、便秘によって腸内に長期間たまった糞便のことです。便秘は短期間便が出ないもの、宿便は腸壁などにこびりつきなかなかとれにくいイメージです。

    宿便は、長期間溜まっているので老廃物となっています。黒くてヘドロ状になっているものが主で、らせん状のものやボロボロしているものがあります。

    便秘・宿便オススメの解消法5選

    1. 起床時は冷たい水や炭酸水などをとる
    起きたらすぐ冷たい水や炭酸水などを飲むようにしましょう。とくに朝は腸の働きが良いです。コップ1杯程度でOKです。出来れば炭酸水が好ましいですが、飲みにくいという人はレモンやはちみつを入れお好みで飲みやすくしても良いでしょう。また、豆乳や牛乳もオススメです。飲み方はチョコチョコ飲むのではなく、一気飲みすることです。

    2. 軽めの運動をする
    とくに1日30分以上の軽めのウォーキングはオススメです。時間がなかなか取れないという人は、ストレッチでもOKです。特に骨盤まわりをほぐすストレッチはオススメです。慣れてきたら、ランニングやフィットネスジムで本格的にエクササイズをするのも良いでしょう。

    3. 便秘に良いヨガのポーズを取り入れる
    とくにヨガはオススメです。ヨガは呼吸法が重要で自律神経も整えやすくなるからです。自律神経の副交感神経を優位にさせることは便秘解消に良いといわれています。この副交感神経はリラックスした際に働きます。自律神経は自分の意思で整えることが出来ないため、リラックスをすること、呼吸を整えることで自律神経を落ち着かせましょう。

    4.「の」の字マッサージ
    「の」の字マッサージはおへそのまわりを、ぐるぐると両手でマッサージをする方法です。20回するのが目安で、行う前に手を温めておくことが大切です。とくに、大腸の4すみには便がたまりやすいので、すみっこを重点的にマッサージしましょう。

    5. プチ断食をしよう
    週末3日間でできるプチ断食がおすすめです。やり方は液体のみを摂取するというものです。断食を行った翌日の、回復日が一番重要だといわれています。回復日は、いきなり通常時の食事に戻すのではなく、胃腸に負担がかからないようなやさしい食事をとることが大切です。

    宿便も便秘と同様に、しっかりケアをしてあげましょう。とくに、宿便は腸壁にこびりついているので、プチ断食のようにデトックスに良いもので解消することがオススメです。ほっておくとこわい宿便は、排便機能が衰えることもあります。重篤な病気を引き起こす前に早めに解消しておきましょう。スッキリすると体も軽くなって、毎日が楽しくなること間違いありません。

    参考記事:リラックスしてみよう!心と体をゆるめて便秘解消リラックスしてみよう!心と体をゆるめて便秘解消

アーカイブ